2006年01月14日

Apache+Tomcat

JSPを勉強しようと環境の構築を試みたのですが
これがまたはまりまくりで参りました。
Apache、Tomcat共にインストールは簡単なのですが
その連携がなかなかうまくいかず色々なサイトを参考にさせていただいて
やっとこさとりあえず動きました。
以下、今回の作業メモ。
httpd.confなどの細かい設定は省略。Java2SDKはインストール済みです。


Apacheのインストール
#apt-get install apache apache-devel
#/sbin/service httpd start

ブラウザから
http://192.168.0.4/ (アドレス部は適宜設定を)
でアパッチのテストページが表示されればOK。


Tomcatのインストール
今回は特に意味もなくバージョン4.1を使用。
こちらからダウンロードしてくる。
私はjakarta-tomcat-4.1.31.tar.gzをダウンロード。
※コンソールからHTTPでファイルをダウンロードするときは
 $wget [アドレス]
 を使用すると便利。

解凍して/usr/localに移動させます。(ディレクトリ名をtomcatに変更)
$tar zxvf jakarta-tomcat-4.1.31.tar.gz
#mv jakarta-tomcat-4.1.31 /usr/local/tomcat

/etc/profileをエディタで開いて次の2行を最下部に追加します。
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.1_01
export TOMCAT_HOME=/usr/local/jakarta-tomcat

起動は
#/usr/local/tomcat/bin/startup.sh

ブラウザから
http://192.168.0.4:8080/ (アドレス部は適宜変更を)
にアクセスしてトムキャットのテストページが表示されればOK。
#/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
で終了させておきます。

いよいよ上記2つを連携させるためmod_jkのインストール。
色々やってうまくいったのはjk-1.2.5だったので
こちらからjakarta-tomcat-connectors-jk-1.2.5-src.tar.gzをダウンロード。(wgetで)

解凍して作成されたディレクトリから/jk/native/に移動。
$tar zxvf jakarta-tomcat-connectors-jk-1.2.5-src.tar.gz
$cd jakarta-tomcat-connectors-jk-1.2.5-src/jk/native

コンパイル
#./configure --with-apxs=/usr/bin/apxs --with-tomcat4=/usr/local/tomcat
#make
これでnativeディレクトリ下のapache-1.3ディレクトリにmod_jk.so.0.0.0が存在していればOK。

このmod_jk.so.0.0.0をmod_jk.soとリネームして/etc/httpd/modules/にコピー。
#cp apache-1.3/mod_jk.so.0.0.0 /etc/httpd/modules/

/etc/httpd/conf/httpd.confをエディタで最下部に次の1行を追加。
Include /etc/httpd/conf/mod_jk.conf

/etc/httpd/conf/mod_jk.confを以下の内容で新規作成。
LoadModule jk_module /etc/httpd/modules/mod_jk.so

JkWorkersFile /etc/httpd/conf/workers.properties
JkLogFile logs/mod_jk.log
JkLogLevel warn
JkMount /*.jsp worker1
JkMount /servlet/* worker1
JkMount /examples/* worker1


/etc/httpd/conf/workers.propertiesを以下の内容で新規作成。
worker.list=worker1
worker.worker1.port=8009
worker.worker1.host=localhost
worker.worker1.type=ajp13
worker.worker1.lbfactor=1

リブートした後、Tomcat→Apacheの順で起動して、ブラウザで
http://192.168.0.4/examples/  (アドレスは適宜変更)
で「/のディレクトリの一覧」というページが表示されればOK。

メモ
apt-getでApacheをインストールするのとApacheのWebサイトからダウンロードして
インストールするのでは作成されるファイルの場所が違うので注意。
mod_jk2ではうまくいかなかった。(Apache1.3には非対応か?)
posted by メカ之助 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

rescueモード

alsaで音を鳴らそうかと悪戦苦闘していたら
modules.confの記述ミスで起動途中でフリーズするようになった。

もちろん起動しないので記述を訂正することができない。
boot : linux nosound
で起動しても、alsadriverでフリーズする。

何かWindowsでいう回復コンソールみたいなものはないかと
検索していたら、インストールCD-ROMから可能ということで
やってみた。以下備忘録。

インストールCDから起動して
boot : linux rescue
で起動。
言語の選択画面が表示されるが、ここでJapaneseを選択すると
何故かリブートしてしまうのでEnglishを選択。
キーボードはjp106を選択。
「continue」→「ok」と選択すると、プロンプトが表示される。
#chroot /mnt/sysimage
で、ハードディスクのLinuxにログインしたのと同じ状態で作業が進められる。
終了したいときはexitを2回実行するとリブートされる。

サウンドのほうはalsaはあきらめてsndconfigによる設定を試みるが
何故かインストールされていないので
#apt-get install sndconfig
でインストール。
#/sbin/sndconfig
で実行。
ThinkPad390(2626-5AJ)のサウンドチップはNeoMagic256AVなのだが、
自動認識でこれを選択しても音が鳴らないので、
手動でSounBlasterProを選択して組み込むと音が鳴った。
ちなみに音量調節は
$aumix
で調節できる。
posted by メカ之助 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

fluxbox

gnomeが激重の為、GUI環境はあきらめていたのだが、
以前購入した本にXwindowについての記述があったので
軽いウィンドウマネージャを探してみた。
最初はblackboxを試そうと思ったがうまく起動しないので
fluxboxを使用してみることにした。
以下インストール関連の備忘録。
環境はPen2の233MHz、64MB、Vine3.2

インストール
 #apt-get install fluxbox

startxでfluxboxを起動するよう設定
 #setwm fluxbox

startxで起動させる。
操作は右クリックメニューから。

色数が256色になっていたため
#Xconfigurator
で16ビットに変更。

emacsを起動させると私の環境800×600では大きすぎて使えない為、
Altを押しながらドラッグで移動させた後、ウィンドウサイズを調整。
タブの左から2番目のアイコンをクリックし
最下部の「記憶させる」からウィンドウサイズとウィンドウの位置にチェックを入れ
終了時記憶内容を保存をクリック。
次回から調整後の位置、サイズで起動する。

使用の感想としてはかなり軽いので
私の貧弱なスペックでも充分使用に耐えうる。
gnomeやKDEが重くてやってられない人は試してみてはどうだろうか。
今後、カスタマイズしながら使っていくつもり。
posted by メカ之助 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

図解でわかるLinuxのすべて

最近、好きな女の子に冷たくされたからと包丁でめった刺しにして殺害したり、
毒物で自分の母親を殺害しようとしたりする少年犯罪がトップニュースになっていますが、
正直このような非人道的な犯罪は少年法から除外して厳罰を与えてほしいと思うのは
僕だけではないのではないでしょうか。

200511142241000

さて、Linux覚書のカテゴリはさっぱり増えなくなりましたが、
「図解でわかるLinuxのすべて」という本を入手しました。
以前からディストリビューションに左右されない解説書が一冊ほしいと
思っていましたので、うれしい限りです。
ネットにも様々な情報がありますが、
やはり本が見たいときにすぐ見れて便利です。
この本はネットでの評判もよかったのですが、
実際読んでみると一番知りたかったLinuxの仕組みについて
わかりやすく記述されてあるので、とても満足の一冊になりそうです。
まだまだ読み始めたばかりですが、
こつこつ勉強して自分のものにしていきたいと思います。
これでまたハッカーの教科書は後回しになりそうです・・・
posted by メカ之助 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

jarファイルの作成

Linuxではないんですが、Javaプログラムをまとめて
圧縮するjarファイルの作成についてのメモです。
ファイルをまとめるのもそうですが、
何よりダブルクリックで実行できるのが魅力だと思います。

まず、まとめるファイルを用意。
Javaプログラムは.classファイルのみでよい。(.javaファイルは不要)
ダブルクリックで実行するにはマニフェストファイルが必要。
任意の名前をつけたテキストファイルに

Main-Class: [mainを含むクラス名]

を記述して用意する。「:」の後のスペースは必須です。
そして次のコマンドを実行。

jar cmf [任意のjarファイル名].jar [マニフェストファイル名] [まとめたいファイル]

中身を抽出したい場合は

jar xf [jarファイル名]

jarファイルにファイルを追加する場合

jar uf [jarファイル名] [追加するファイル名]
posted by メカ之助 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

vi

ホークス、2連敗の後、2連勝!
正直昨日は終わった・・・とがっかりしていたんですが、
いよいよ明日で決着です。
がんばれ!ホークス!

今日はエディタ「vi」の最低限のコマンド

$vi [filename]
 viを起動。存在しないファイルは新たに作成。

「i」で挿入モード。入力できる状態になる。
「Esc」でコマンドモードへ。

ZZ
 セーブしてviを終了。

:q! Enter
 セーブせずに終了。

:w [filename] Enter
 名前を付けて保存。:wのみだと上書き保存。

d
 切り取り。16dlでカーソル位置から16文字右へ切り取る。
 ddでその行を切り取る。

y
 コピー。16ylでカーソル位置から16文字右をバッファにコピー。
 yyでその行をコピー。

p
 貼り付け。切り取りやコピーをしたものを貼り付ける。

その他たくさんありますが、とりあえずこれだけ。
がんばって使いこなしたいです。


体重メモ
体重 80.6kg(+0.9)
体脂肪率 25.1%(+0.2)
BMI 28.6(+0.4)
内臓脂肪 13(-)

食べ過ぎました・・・
posted by メカ之助 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

apt-get

なんか右足のふくらはぎが軽く筋肉痛です。
激しい運動なんてしてないのに、なんでだろ??

さて、最近ThinkPad390(Pentium2 233MHz 64MB)にVuneLinux3.2を
インストールしてみました。
以前、TurboLinuxやRedHatLinuxをインストールしていたんですが、
さっぱり使用せず、挫折・・・今回こそは基礎程度はマスターしたいと思います。。

目的はCとJavaの勉強ですが、このスペックでGUIはかなりきついので
コンソールでの操作を頑張って覚えていきたいと思ってます。

とりあえずapt関連のコマンド

#apt-get update
 利用可能なパッケージの一覧を更新

#apt-cache search [package name]
 インストールしたいパッケージを検索。
 (完全な名前でなくてもOK)

#apt-get install [package name]
 パッケージのインストール
複数のパッケージを一度にインストール可

#apt-get remove --[option] [package name]
 パッケージのアンインストール
 オプション remove purge
purgeは全て削除、removeは設定ファイルを残す

#apt-get clean
 アーカイブファイルの消去

参考:Vine Linuxオンラインマニュアル8-2


体重メモ
体重 80.2kg(-)
体脂肪率 25.2%(-)
BMI 28.3(-)
内臓脂肪 13(-)
何も変わらず。
posted by メカ之助 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。