2005年11月23日

エンジンから煙

今日は夕方からGSに愛車のオイル交換に行ってきた。
今回は前回交換していなかったオイルエレメントも交換した。

問題なく交換作業が終わってしばらく走っていると、
ヘッドライトの光の中に煙が出ているのに気づいた。
前の車が大きなトラックだったので排気ガスだろうと思っていたのだが
その後も信号待ちで停車すると、前に車がいなくても
もくもくと煙が立っているのが明らかだった。
私の車からである。
駐車場でボンネットを開けてみるとエンジンあたりから煙が立っているのが
はっきりと確認できた。

そこで原因を考えてみる。
以前ラジエータホースの破損からオーバーヒートした経験から
水温計を確認、正常である。
リザーブタンクのクーラントもチェックしたので
冷却不足によるオーバーヒートの可能性は低いと感じた。
(無論、サーモスタットが故障していなければとの前提だが)
エンジンに異常があるならばなにかしら運転中に違和感を感じるはずである。
しかし、オイル交換後なのでむしろスムーズに走ってくれる。

結論はオイル交換時にこぼしたオイルがエンジンで温められて
気化しているのではないか、というもの。
とりあえずもうしばらく走ってみたがなかなか煙がおさまってくれないので
作業を頼んだGSに行って見てもらった。

まぁ、結局はオイルがこぼれたのが原因ということで
もう少し丹念にエンジンを拭いてもらって様子をみてくれとの事。
正直ほっとした。
が、こんな長時間(30分ほど)も煙がでるくらいこぼしたのなら、
一言「こぼしたオイルが気化してしばらく煙がでるかもしれません」
くらいあってもよかったのではないかと思う。
エンジンの下のほうはさすがにふき取れないだろうから。

その後さらにしばらく走ると、煙はかなりおさまりほっとした。
なにかと不調の多い車なので故障には敏感である。
何はともあれまた金がかかる事態にならなくてよかった。
というかオイル交換位で故障されても困るのだが。

あと一年、なんとか我が愛車には頑張ってほしいものである。
posted by メカ之助 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

お知らせハガキ

免許更新のお知らせハガキが届いた。

てっきり一般運転者講習かと思いきや違反運転者講習だった。
更新時から次の更新までに軽微な違反一回かと思いきや
過去5年間での違反数だったのが誤算だった。

私の交通違反は全部で3回。
1回目は原付でスピード違反。5年前、19キロオーバー。
2回目も原付でスピード違反。4年半前、19キロオーバー。1回目と同じ場所。
3回目は原付で放置駐車違反。

見ての通り全て原付である。自動車で捕まった事は無い。
とりあえずお決まりの愚痴を言わせてもらうと、
スピード違反なんて30キロで車と一緒に走れなんて無理なんだよ。
しかも同じところで原付狙い撃ちしてるしね。
駐車違反もいつも停めてる所に行ったらいつのまにか自転車用の駐車施設が
出来てて停めらんないの。
その日は大分まで用事があったのでしょうがないから邪魔にならないところに停めて、
帰ってきたらわっかついてるんですよ、これが。
警察行った時、「じゃあどこに停めればいいんです??」と聞いたら
「今から教えるから」・・・って遅いんだよ!
なんか放置自転車が多いから行政の対策でやってたらしい。
しらんがな!ちゃんと告知しろや。

以上、違反者によくある言い訳でした。
私が優良講習受ける日はくるのでしょうか。
次回はよくて一般講習です。(今後違反がなければ)

まぁ、警察は嫌いだ、ということです。
posted by メカ之助 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

オルタネーター

昨日はADSLのリンク切れがひどく、更新できなかった。
4;30??メンテの予定が入っていたのだが、まだそんな時間ではなかったのだが・・・
現在はなんとか落ち着いており、ホッとしております。

先日の充電警告灯が点灯したトラブルは予想通りオルタネーターの故障でした。
整備工場でエンジンをかけてのバッテリー電圧は12V前後。
これを見たとき、「やっぱり・・・」という気持ちになった。
心の隅ではもしかしたら軽微な故障かも、と期待していた為である。

で、もうそんなに長く乗るつもりも無いので中古のオルタネーターに交換してもらい、
15000円也。
廃車するにしてもリサイクル料金が6000??7000円かかる為、
トータル2万くらいはかかるということで、乗りつづけることにした。

ところが、修理後に話を聞くと、ウォーターポンプから水漏れしているとのこと。
以前ラジエーターホースが破損したため、マメにリザーブタンクをチェックしていたのだが
冷却液が減るのが少し早いなとは感じでいたので納得である。
水漏れを治すには4万ほどかかるそうなので、冷却液の減り方がひどくなったら
また修理か廃車を考えようと思う。

どんなボロい車でも長く乗っていると愛着が湧く。
出来るだけ長く乗っていたい。
posted by メカ之助 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

バッテリーランプ

初の車カテゴリでございます。
私の車は平成3年式のマツダキャロルです。
もう5年ほど乗っていますが、もういろんなところにガタがきています。
昨年の車検の時も、「いつ動かなくなっても不思議じゃないよ」
と言われるほどボロなので、次に大きな故障があったら廃車と決めていたのですが・・

今日車で出かけ、用事を済ませてからエンジンをかけると
バッテリーの警告灯が赤々と光っておりました。
以前バッテリーを交換した経験があり、4000円代で購入したのを思い出し
近くのカーショップで購入し、自宅の駐車場で交換。

ところが交換しても警告灯はついたまま。
もとのバッテリーを見ても、問題なしのマークが出ていました。
特にルームライトが暗くなっているわけでもないし、
自宅まで30分くらいは普通に走ってきた。
エンジンも普通にかかる。
一体何が原因なのだろうか???

明日、整備屋さんにチェックしてもらおうと思うが、
高額の修理が必要ならばいよいよ我が愛車ともお別れである。
明日がくるのが怖い。
posted by メカ之助 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。